竹本健一 

Kenichi Takemoto

2003年、3ピースバンド「PHONES」として東芝EMIからメジャーデビュー。

 

2007年、バンド活動休止後、ソロシンガーとして活動を本格化させる。

 

ソロとして、2009年05月17日、Mini Album『Self Portrait』のリリース以降、2010年02月18日、Studio Live Recording Mini Album 「Taion」、2011年05月25日1st Full Album 「ACTIVATION」など3枚の

MiniAlbu mと、1枚のFull Albumをリリース。

→【DISCOGRAPHY

 

また圧倒的な歌声とパフォーマンスから繰り広げらえるライブ活動も精力的に行うほか、ナオト・インティライミ、Superfly、吉井和哉、CHARAなどのライブにも参加。

 

R&B、SOULを中心に独自の世界観を表現するシンガーソングライター。

 

作家としても、ATSUSHI(EXILE)、Crystal Kay、CHEMISTRY、倖田來未、ゴスペラーズ、鈴木雅之、テゴマス、中島美嘉、Riefu、など、様々なアーティストへの楽曲提供、アレンジ、プロデュースを手がけるなどマルチに活動を展開している。→【WORKS